看護師

看護師(仕事)を辞めたくて悩んでる人へ

更新日:

広告

umeです!ご訪問ありがとうございます。

 

そこの、看護師さん!!

「もう、こんな仕事辞めてやる~~~~~」

なんて思ったこと、一度や二度ではないですよね。

 

私umeも、仕事と子育て、家庭との両立がどうにもこうにも上手くいかなくて、

相当悩んで、悩んで、悩んだ結果

 

資格取得後2年間常勤で働き、退職。

職場を変えパート看護師へと転職しました。


 

今まさに悩んでおられる人も多いと思うんですよね。

それで、umeの経験からお話させてもらうと

たかだか2年しか働かないで、しかも急性期ではなくリハビリ病棟という医療行為の少ない病棟経験しかないのに

 

退職、パートへの道を選んで、

本当に良かった!!

 

 

というのが私の感想です。

なぜなら…

  1. 母親業よりも大切な仕事はない。
  2. 看護師の資格はなくならない。また時期が来たらいつでもどこでも日本全国、看護師として働ける。
  3. 看護師の仕事は多種多様。病棟勤務だけが看護師ではない。

 

悩んで悩んで、退職するまでの間に先輩看護師に相談しまくった結果、みんな口を揃えて言っていたことは、

子育て優先

 

 

実際、子育てを優先せずに失敗した経験談をお持ちの方やそういう話ってたくさんあるんですよね。

子供に仕事を優先してきたがために「看護師にだけはなりたくない」と言われた話や

子供が引きこもりになってしまった話。

子供が非行に走ってしまいどうにも手がつけられなくなってから、仕事を辞めてももう時はすでに遅かった話などなど…

 

これって看護師だけじゃなくて、働く母なら一度はぶつかる壁じゃないでしょうか。

自分のスキルやキャリアアップのために、家庭や子育てを犠牲にしたその見返りが、こんなオチだったなんてなりたくないですよね。

 

 

また、子育てをしていなくても過酷な職場環境でストレスが限界まで達しているのに無理して働いていた結果、自分自身の体調や精神を病んでしまった、もしくは心身ともに疲労がたまっており重大なインシデントを起こしてしまったなどの理由から

二度と看護師の仕事に戻りたくない

と、思っている潜在看護師が少なくないと聞きます。

 

 

せっかく看護師の資格を取得したのに、このパターンだけは避けたいものです。

ume自身は看護の仕事は、好きなんです。

全体的な話ですが。

看護は看護でも、色んな仕事内容があって、苦手な内容もありますよ。

特に患者さんに苦痛を与える仕事は苦手です。

だけど、看護の仕事自体を辞めてしまいたいとは思ってません。

 

 

今、パート看護師になって、とっても心身ともに楽になりました。

自分にとっての優先順位をはっきりさせた結果

  1. シフト希望を入れやすいから子供の参観や学校行事に無理なく出席できる
  2. 時間給で働いているから、割り切って帰れる(サービス残業なし)※急変とかあれば、それはそれで割り切って働ける自分もいます
  3. 5連勤とか体力的にしんどいシフトは基本的になし
  4. パートなので看護研究や、リーダー業務などの役割の思い責任ある仕事は免除される
  5. 急な子供(家族)の体調不良にも、割り切って仕事を休めれる

 

umeの友達(看護師)が言っていました。

「看護師の仕事を一度、休憩して、別の仕事をしてみたっていい。それで、また、看護の仕事に戻ってきたっていい」

これ、ほほ~って思わずうなってしまうほど響いたんです。

まさか、そんな考え方があったとはってね。

 

異業種で働いてみて、色々経験して、また看護がしたくなることは大いに考えられます。

そんなふうに考えたら、すごく気持ちが楽になったんです。

 

ネットで看護系のサイトやブログを見ていると、けっこうバリバリ看護師していますって人が多いし、キャリアアップややる気マンマンな雰囲気がぷんぷんして、少々疲れちゃうんですよね。

 

でも、いーーーじゃないですか!!

その時々で臨機応変に勤務形態や職場環境を変化できるところ、それが看護師。

umeはそこに魅力を感じて資格取得を目指したのも大きな理由です。

 

umeはゆるゆるですよ~。

ある先輩看護師は、看護の勉強はまたやりたいって思った時に、いくらでも勉強しなおしたらいいって。

 

 

今、すっごく辛くて看護師を辞めたい方。仕事を辞めたい方。

頑張るのも自由。

お休みするのも自由。

自分の好きな方を選べばいい。

どっちが正解かってないんですよね。

 

だって、自分が選んだ方が正解ですから。

umeは、自分の好きなやりたい仕事内容で看護師を続けたい。

そう模索中です。

その話はまた別記事でアップしますね。

 

この記事を読んで、少しでも気がラクになったり、参考になれれば嬉しいです。


にほんブログ村

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-看護師
-, , , , , ,

Copyright© ワクワクライフ , 2018 All Rights Reserved.