看護師 看護師のひとり言

看護師のひとり言~老人ホームを探すなら~

更新日:

広告

あけましておめでとうございます。


本年も看護師のこぼれ話や、副業、ブログ運営やサイト作り、お小遣い稼ぎなどを中心にブログを更新していきたいと思います。

ボチボチ更新ペースではありますが、よろしくおねがいします。

 

今日は看護師目線から見たこぼればなしです。

昨年のある日のこと。

私の職場に往診で来ていた医師の言葉がとても印象に深く残りました。

「今は、老人ホームもつぶれる時代だよ」

 

この医師。

とってもおしゃべりな先生で、仕事中の看護師を捕まえていっぱいいろんな話をしてくれました(^_^;)

 

 

昨年、職場からそう遠くない有料老人ホームがつぶれました。

そこに入所していた方が新しく私の勤める施設に転居して、入所されたために挨拶と往診にこられたのでした。

 

噂には聞いていたそこの有料老人ホーム。(正確にはサービス付き高齢者向け住宅→略して「サ高住」と呼んだりします)

スタッフが施設の運営や待遇などに不満がつのり、次々に辞めていったそうです。

そのため入所者へのケアが行き届かずに褥瘡(床ずれ)がいっぱい出来ていたとか。

 

 

どうやら、医師の話から察するにウワサはあながちウソやオーバーな話ではなさそう(´Д`;)

「看護師が次々に辞めて行って、まわらなくなった。」

とも言っていました。

 

 

これって想像するだけで恐ろしい状況ですよね。

 

だって、そこの施設は「入院の必要のない方」とはいっても胃瘻尿管カテーテル、糖尿で毎日のインシュリン注射が必要な方もいたと考えられます。

喀痰吸引など看護師でなくてもできる医療行為はありますが、果たしてそれらがどこまで正確に行われているのか?

医療職者の目がなくなった施設の中で、誰がそれを確認していたのでしょうか??

往診の医師?訪問看護師??

常駐しているわけではないので、外部から来る医療職者にとり、きっと氷山の一角を目にするだけでしょう。

 

 

例え医療行為がまったく必要のない入居者ばかりだったとしても、認知症の方が一人もいないはずはありません。

看護師に限らず、介護職も少ない状況を、残ったスタッフだけで入居者の世話をするということ。

安い給料、きつい仕事。積もる疲労、スタッフの不満。

……働くスタッフの士気が下がれば、受けられるサービスの質が低下することは簡単に想像できますね。

それどころか、最悪の場合、昨今の悪いニュースが頭をよぎります。

 

 

自分の家族がもし、その施設に入所していたら!!

そう考えると、本当、心配で仕方ないですよね。

 

 

 

デイサービスや有料老人ホーム、グループホームなど、高齢者を対象とした事業が拡大している現代。

新しく開設されるばかりの時代から、医療福祉介護になんのノウハウや経験もない無関係の企業の参入により、うまく運営がいかずにどんどんとつぶれていく時代にもなっているのですね。

 

 

そんな時代だからこそ。

家族や自分自身が入居する施設選びは慎重に行いたいものです。

 

公益社団法人 全国有料老人ホーム協会 というところが「有料老人ホームの選び方」など、詳しく開設してくれています。

ホーム選びのチェックリストなど、はじめて有料老人ホームを探す人にとって、参考になると思います。

 

だいたいの施設では「ショートステイ」と呼ばれる、短期の利用ができるシステムがありますので、それを利用して体験入居をすることも大事だと思います。

 

 

でも、ですね。

入居の際にかかる費用や受けられるサービス内容も重要ですが、「これは重要だよ」と思うのが

運営会社がどんな会社か

です。

 

おしゃべりな医師が教えてくれた、上記のつぶれてしまった有料老人ホームは、運営会社は介護業界に新規参入した企業だったようです。

はっきり言って、このパターン、日本全国で多そうな気がします。

「医療機関と連携」

とうたっているからといって、安心ではありません。

 

 

これは私の個人的な意見ですが、

私が有料老人ホームを選ぶなら

運営の母体が病院の施設を選びます。

病院がバックアップしているなら、簡単にはつぶれないだろうと考えます。

例え経営が立ち行かなくなったとしても、医療面ではそれなりに早い段階での対処ができるものと考えます。(次の受け入れ施設の紹介など)

だって、母体である病院の評判まで落としたくはないでしょうからね。

下手なことはしないと思いますよ。

 

 

これって、看護師や医療職者が新しい職場を探す時にも同じことが言えると思うのですよね。

だって!!

運営している会社(病院など)、経営者がちゃんとしていないと、ひどい労働条件で働かないといけない状況になる可能性がありますからね。

 

 

看護師はとても流動性の早い職業です。

看護師は需要が高いので、退職しても次の職場を早期にみつけることは決して難しいことではありません。

だから簡単にやめちゃうんでしょうね。

人間、同じ労働条件なら給料の高い方が良いと考えるのは当たり前ですからね。

 

 

有料老人ホームに体験や見学に行かれた際は、そこで働くスタッフや入居者の表情や話を聞いてみるのもいいですね。

笑顔がなく、やつれた顔で、余裕のないそっけない態度ならかなり危険な匂いがしますよね。

笑顔が多く、穏やかな雰囲気、清潔感があるなど、ぜひ自分の目で見て確かめてみると良いと思います。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-看護師, 看護師のひとり言

Copyright© ワクワクライフ , 2018 All Rights Reserved.