お金 節約

セルフメディケーション税制の対象商品を紹介!!医療費控除の特例を受けよう!

更新日:

広告

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制とは医療費控除の特例のことです。

2017年(平成29年)1月1日以降に定期的に健康診断などを受けている人が、OTC医薬品を購入した際に所得税控除を受けられるうようにしたものです。

 

 

医療費控除と言えば、1年間の医療費の合計が10万円を超えたとき、所得から超えた額が控除され、税金が還付、減額されるという制度です。

節約のために医療費控除を受けよう!!

と思っても、1年間に10万円以上の医療費って普段から病院に受診する回数が少ない人にとってはなかなかならない金額ですよね。

今時、子供の医療費はひと月の上限が決まっていたり、無料の自治体もあります。

例えば家族4人でコツコツ医療費の領収書をためていたって、10万円には到底ならないのでは??

 

そこでこのセルフメディケーション税制では

自分自身の健康管理を心がけ、また軽い症状であればOTC医薬品を利用し自分で自分の健康を管理すること(セルフケア)を国として推進しています。

つまり…簡単に言ってしまえば

国としては医療費を削減したいんですよね。

 

ポイント

セルフメディケーション税制で大切なポイントをまとめてみました。

  1. 対象のOTC医薬品を年間1万2000円超えて購入した時、1万2000円を超えた金額が(上限8万8000円)所得控除を受けられる
  2. 従来の医療費控除セルフメディケーション税制の併用はできない。(利用できるのは、どちらかだけ
  3. 平成29年度確定申告より適用(2017年1月1日より購入分)
  4. 所得税、住民税をきちんと納めている人で、勤務先の定期健康診断メタボ検診予防接種がん検診など健康の維持増進や疾病の予防を取り組めている人。
  5. 対象医薬品は82成分を含む約1500品目ある。→セルフメディケーション税制対象医薬品一覧(厚生労働省)
  6. 医療費控除とセルフメディケーション税制のどっちがいいの?→OTC医薬品には医療費控除・セルフメディケーションのどちらも対象となるOTC医薬品があります。どちらを適用するかは自分で決めることになるのでこちらのサイトがわかりやすいです。→☆

OTC医薬品対象商品

セルフメディケーション税制対象のOTC医薬品には下記のマークがパッケージに表示されています。

厚生労働省の対象商品一覧では文字のみでパッケージなどがわからないので、どんな商品があるのかわかりにくいです。

ここでは一般的に薬局やドラッグストアでよくみる商品をご紹介しますね。

風邪薬

 


鼻炎・アレルギー薬



解熱・鎮痛薬

皮膚

胃薬

まとめ

ここでは対象商品のごく一部をご紹介いたしました。
ちょっとした身体の不調、でも病院に受診するほどでもないかな??
という時には、自分でOTC医薬品を利用するのもひとつですね。
まだまだ他にも湿布薬など身近な商品があります。
セルフメディケーション税制を上手くしたいですね。

ランキングに参加しています。
応援してくれると嬉しいです!!
にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-お金, 節約
-, , , , , ,

Copyright© ワクワクライフ , 2018 All Rights Reserved.